幻想水滸伝 ファンサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
2015-04-12 Sun 14:42
2015.4.12

お久しぶりです余市です!
コメありがとうございます!びっくりしました!嬉ビックリです!
テロテロリンって何のメールの着信音かと思ったら、ここのお知らせメール!
ほんとびっくりしました!




テッドファンいたんですか!?いたよねそりゃいるよね!
ってかうちに来て下さってたんですね!?ここなんだよ驚きは!なんてこと!
ちょっとピクシブで忙しくて(あれでとかそんなツッコミなしで)もうほんとテッドから離れた日々を送ってました!
駄目じゃん!いえいえ、本命はいつだってテッドです!

いやほんとなんかね。真面目に考えるのが疲れて疲れて、そしたらまーピクシブのあれですよ。
テッド愛ほど深くはないので、まー軽い気持ち(おい)で書ける書ける。
そんで自宅に戻ってきたら、あれでしょ?
妙に頭使って書いてる(あれでとか言わない)でしょ?

人物別にテーマ決めて、主張決めて、性格決めて、それで背景があって、えっさほいさ掘り下げて…っていう感じが。
好きな作業なんですが……まだちょっと自分の原稿すら読み直せないんですよねぇ。
腕のなさに。書きたい方向、書きたい人物像に追いつけない自分の感性。
きゃー!こんなん書くとほんと恥ずかしい!
なんだよ自分の感性って!
とまあ、そこらへんに折り合いついたらまた戻ってきます。

みなさん、話書くときにはどうしてますか?
余市はがっつりキャラ別に決めてます。
キャラ別にモデルもいます。
ぴんと来たひと(リアルの)をキャラに当てはめて、それで「この人だったら返しはこうだな」とか考えて書いてます。
その人の悪いところずるいところ、良いところ、矛盾点。
何に重きを置いているのか、その方向とかね。色々含めて、モデルがいるんです。
そんで話の粗筋だけ決めて、あとはそこに人物を置くだけ。
そしたら勝手に人物が各々の背景を踏まえて話を進めていってくれるというわけです。
話に詰まっても、モデルがいるわけだから、逆に置き換えると糸口が見つかるというかなんというか。
でもそうすると深い所まで考えてかなきゃならないから、全体的に重いんですよねぇ。
下手にリアル追求なんてするもんじゃない。
いやリアルとは程遠い感じですが分かってますえぇ分かってますとも。
そんなこんなでね、今ちょっとアレなんですよ。ほんとに。自分嫌い発動中!

でもね、よそ様のサイトには毎日お出かけしてるんですよ!
日記更新だけでも!毎回期待してお出かけしてます!

でもほんとコメが嬉しかったので、今日は久々にがんばって原稿読み返してみますね。
ありがとうございました☆
スポンサーサイト
別窓 | ひねくれ独り言 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<-13- イチジクの花は咲かないけれど | ひねくれ余市のひとり言 | -12- イチジクの花は咲かないけれど>>
  • この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

  • この記事のトラックバック
トラックバックURL

∧top | under∨
| ひねくれ余市のひとり言 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。